お知らせ

2021年4月、福岡国際医療福祉大学に看護学部が加わります[設置者変更認可申請中]

2020.05.21

トピックス

本学は、2019年4月、福岡市で初めての高度なリハビリテーションを総合的に学べる大学として、ももち浜地区に開学いたしました。

同じももち浜地区には、姉妹校である国際医療福祉大学の福岡看護学部があり、本学と同様に教育・研究活動を行っております。

福岡看護学部はこれまで、国際医療福祉大学大川キャンパス(福岡県大川市)と連携してきましたが、両キャンパスの距離が離れていることから、学生交流や施設の使用が制限される状況が課題となっており、学生のなかには近隣にある本学との連携を望む声も上がっておりました。

このたび、福岡看護学部の学生や保護者の皆様よりいただいた要望をもとに慎重に検討し、本学は2021年4月に「国際医療福祉大学福岡看護学部」の移管を受けることになりました(認可後は「看護学部」に名称変更予定)。今回の移管に関しましては、2020年3月に文部科学省へ設置者変更認可申請を提出し、受理されております

今回の移管により法人名や大学名は変わりますが、福岡看護学部の教育環境(教員陣、カリキュラム、キャンパス)をそのまま継承し、国家試験対策や各種支援も従来通りのサポートを行う等、実質的には何も変わりません。

従来通りの教育環境を維持できる一方、他職種の学科と一体となることで、日常的に「チーム医療・チームケア」の学びや学生交流の活性化が見込まれ、双方の学生にとって教育環境や教育の質向上に繋がると確信しております。

本学は、現状においても政令指定都市である福岡市唯一のリハビリテーション専門職を養成する4年制大学でございますが、今後も積極的な設備投資や教育内容の充実を念頭に、アジアを代表する医療福祉の総合大学を目指してまいります。

今後とも引き続きご理解・ご支援を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

※看護学部入試に関する情報(予定)は、6月上旬にホームページ等で公表します。

※本件については設置者変更認可申請中であり、今後変更になる可能性があります。

 

keyboard_arrow_up