大学案内

ごあいさつ

理事長メッセージ

国際的な視野を持ち、次世代のリーダーとなり得る医療専門職を養成します

現在、超高齢社会に向けて医療需要の増大や地域包括ケアシステムの構築といったリハビリテーション医療を取り巻く環境は大きく変化しており、それらを担う高度な知識を持った専門職業人がますます必要とされています。
アジアの玄関口である福岡市では、グローバルな視点をもった保健・医療サービスの提供や政策の立案に携わる医療従事者の養成が求められており、今後は隣接するアジア諸国においてもリハビリテーション専門職の需要が高まると見込まれています。こうした状況下、政令指定都市である福岡市およびその近郊にはこれまでリハビリテーション専門職を養成する4年制大学がなかったことから、より実践的で高度な知識を持った医療専門職を養成するため、2019年4月、福岡市で初めてとなるリハビリテーション専門職養成の4年制大学を新設いたしました。本学は美しい景観と都市機能を併せ持った「ももち浜地区」にあり、「教育・医療・福祉」が一体となった教育環境に立地しています。この恵まれた環境のなか、経験豊かな教育陣のもと、国際医療福祉大学・高邦会グループの一員として日本のリハビリテーション教育をリードしてきた国際医療福祉大学と密接に連携を図りながら、きめ細かく質の高い教育と研究の実践をめざしてまいります。また、私学のリハビリテーション職の養成校としては福岡県内で初めて誕生した伝統校、専門学校 柳川リハビリテーション学院などを有する「学校法人 高木学園」がこれまで培ってまいりました、医療専門職養成の実績や教育方針をさらに発展させ、より高度な知識と応用能力を修得した人材を育成してまいります。そのために、豊かな人間性を育むリベラルアーツに重きを置いたカリキュラムを編成し、コミュニケーション能力や問題解決能力、各分野に関する科学的・創造的思考やリスクマネジメント能力の向上をめざした教育に力を入れております。さらに、高い倫理観と国際的な視野を併せ持った次世代のリーダーとなりうる人材を養成すべく、優秀な教員の確保と最新鋭の教育設備を導入し、充実した学修環境を整備いたしました。西日本地区の医療を支えながら、チーム医療・チームケアに貢献できるメディカルスタッフの養成をめざし、教職員一丸となって取り組んでまいります。

理事長 高木 邦格

理事長 高木 邦格

学長メッセージ

新しい大学で君の可能性にチャレンジしよう

若者に人気のシーサイドももちに新しく福岡市初のリハビリテーション系の大学が誕生しました。高度に専門・分化した医療に対応できるのみでなく、豊かな教養を備えたリーダーの育成をめざしています。教授陣には私を含め海外経験豊富な医師を揃え、グローバルに活躍できる人材育成をめざしています。リハビリテーション系の学問は今後大きな発展が期待されます。例えば、理学療法学の分野では従来のman-to-manによるリハビリテーションのみでなく、ロボット工学との連携、作業療法学では、人工知能を駆使した心理状態・行動パターンの評価や日常生活活動の自立に関する研究、また視能訓練学では眼科医療のみではなく、VRを利用したゲーム開発における“視覚”に関する研究など、従来のリハビリテーション学の概念にとらわれない新しい刺激的な研究の対象が目白押しです。このような分野に若い君たちの創造性が求められています。本大学で学んで、君の可能性にチャレンジしようではありませんか。勿論、当グループの国家試験合格率や就職率は日本のトップクラスです。卒業後は医療のみでなく産業界や教育界、行政の場でも活躍が期待されます。さあ、福岡市というお洒落な都市でstudent lifeを楽しみ、君たちの将来に希望・夢を膨らませましょう。

学長予定者 今泉 勉

学長 今泉 勉

  • 九州大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 国際医療福祉大学名誉教授
  • 米国医師免許
  • 米国内科専門医、米国循環器専門医の資格を取得
  • 九州大学医学部講師、久留米大学主任教授、国際医療福祉大学大学院副大学院長を歴任

副学長メッセージ

最新、高度な知識と医療技術を学び幅広い活躍を

超高齢者の急増により、リハビリテーションの需要はますます高まっている現在、質の高い専門職が必要となっていますが、各専門職の仕事は大変幅広くなってきており、対象は障害者のみならず、健康な乳幼児、児童、成人、高齢者など人間全員となってきています。目的も障害の回復のみならず、病気の早期発見および障害の予防、そして、健康の維持増進などです。働く場所も保健・医療・福祉の分野にとどまらず、一般企業、研究開発など幅広くなっています。医療技術は日進月歩で発展しています。常に新しい知識、技術を学ぶことが必要となっています。本学では、新しい知識、技術と幅広い活躍ができるカリキュラムを設け、教育を行います。また、専門職として大変重要な人間性および教養を身につけることができます。国家試験についても教員が一丸となって支援します。臨床をめざす人、教育者をめざす人、研究者をめざす人、海外で活躍することをめざす人、是非、本学で学んでください。医療福祉専門職をめざすが、活躍する場が明確でない方も、本学で学びながら考えていただければと思います。

副学長予定者 丸山 仁司

副学長 丸山 仁司

  • 東京理科大学大学院工学研究科修了
  • 工学修士、医学博士
  • 国際医療福祉大学大学院副大学院長
  • 第10回アジア理学療法学会会長、日本理学療法士協会副会長などを歴任
  • アジアリハビリテーション科学学会会長、理学療法科学学会会長

keyboard_arrow_up