大学案内

沿革

学校法人 高木学園の沿革

学校法人高木学園は、専門学校柳川リハビリテーション学院、大川看護福祉専門学校そして今回大学化する福岡国際医療福祉学院という医療系の学校を有する学校法人です。

中でも専門学校柳川リハビリテーション学院は、私学のリハビリテーション職の養成校として、1990年に福岡県内で初めて誕生した伝統校です。当法人は西日本のリハビリテーション医療をリードする優秀な人材を養成し続け、これまでに7,000名以上の卒業生を輩出してきました。

  • 1990年4月

    柳川リハビリテーション学院

    厚生省より理学療法士20名・作業療法士20名の養成施設として指定を受ける

    福岡県初の私学のリハビリテーション養成校として開校

    大川看護福祉専門学校

    大川看護学院を開校 課程:看護婦科2年課程

  • 1992年3月

    大川看護福祉専門学校

    大川看護専門学校に改称

  • 1993年4月

    柳川リハビリテーション学院

    入学定員変更(理学療法・作業療法学科定員40名)(夜間部理学療法・作業療法学科定員20名)

  • 1997年4月

    柳川リハビリテーション学院

    医療言語聴覚学科開設

  • 1999年4月

    柳川リハビリテーション学院

    学科名変更(医療言語聴覚学科から言語聴覚学科)

  • 2001年4月

    大川看護福祉専門学校

    介護福祉学科(2年課程)を開設。学校名を大川看護福祉専門学校に改称

    福岡国際医療福祉学院

    厚生労働省より理学療法士40名・作業療法士40名・言語聴覚士40名・視能訓練士40名の養成施設として指定を受ける

    福岡国際医療福祉学院を開校

  • 2003年4月

    福岡国際医療福祉学院

    厚生労働省より理学療法士(夜間課程)40名・作業療法士(夜間課程)40名の養成施設として指定を受ける

  • 2005年4月

    大川看護福祉専門学校

    看護学科(3年課程)を開設

  • 2008年4月

    福岡国際医療福祉学院

    福岡市早良区に移転。看護学科開設

  • 2019年4月

    福岡国際医療福祉大学

    福岡国際医療福祉大学開学予定

keyboard_arrow_up