学科紹介

理学療法学科 

基礎研究、応用研究を充実させ、将来の理学療法の礎を担う人材を養成

本学科は、1学年の定員40名の少人数教育を特長とし、アジアの玄関口の立地を生かし、わが国のみならず国際的な医療・保健・福祉の動向を的確に捉え、幅広い社会のニーズに高水準で応え得る知識と技術を有する理学療法士を養成することを目的としています。その目的を達成するために、経験豊富な教授陣と特長のあるカリキュラム、最新の教育機器を揃え、他に類をみない教育体制を準備しました。隣接する福岡山王病院をはじめとする豊富な関連施設および連携を密にする外部施設で実施する臨床実習では、臨床で即戦力となる理学療法士を養成するための充実した実習環境を整えました。これらの環境の中で、それぞれの目標を持って、めざす理学療法士像を追求できると考えます。4年間の大学生活の中で、幅広い知識、専門的な技術とともに皆に愛される人間性と社会性を身につけてください。臨床で活躍できる理学療法士、グローバルな視点を持ち海外で活躍できる理学療法士、研究教育分野で今後の理学療法の進歩を支える理学療法士、あなたがめざす理学療法士像を目標を同じくしてバックアップします。

理学療法学科長予定者

理学療法学科長
ひいらぎ 幸伸 教授

学科概要

定員

40名

取得可能な資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 福祉住環境コーディネーター
  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • 障がい者スポーツ指導員(初級)

など

理学療法士の活躍の場

  • 医療機関(病院・診療所)
  • リハビリテーションセンター
  • 老人保健施設
  • 福祉施設
  • 行政機関
  • 研究機関
  • 教育機関
  • 医療福祉関連企業

など

育成する人材

理学療法士は、病気やケガにより身体運動や生活に問題を持つ人々に対して、運動療法や物理的刺激(水、熱、光、電気、機械的な力など)による物理療法、義肢・装具を用いた装具療法、生活の改善などを行い、日常生活やスポーツ競技への復帰を支援します。
チーム医療が重要なリハビリテーションの一員として、人間性豊かで幅広くバランスの取れた人格生成を図り、臨床でリーダーとなり得る人材を養成します。また、充実した語学教育と海外保健福祉教育、必修の海外研修を通じて、国際的に活躍できる人材を養成します。日々進化する理学療法の技術・知識に対応すべく、基礎研究、応用研究を充実させ、将来の理学療法の礎を担う人材を育成します。

先輩の声

園田 祥史さん

理学療法学科 2年
(福岡県立筑紫高等学校出身)
園田 祥史さん

運動学や健康スポーツ実践など楽しく授業に取り組んでいます
1年次の授業で特に印象に残っているのは「運動学」です。骨や関節、靭帯、筋などの身体の構造や機能について学び、基礎を固める上でとても重要な科目です。また、「運動解剖学」では触診で骨構造、筋の位置や付着部位、筋の作用などを学び、さまざまなスポーツで体を動かす「健康スポーツ実践」では他学科の学生とも交流しながら、楽しく授業に取り組むことができました。理学療法学科は、一人ひとりが個性豊かで、高い意識を持って勉学に励んでいます。学科イベントを通じて友情も深まり、思い出もたくさんできました。将来は、総合病院で働きたいと考えています。そのためにまずは基礎を固め、実習などを通して高い知識や技術を身につけていきたいです。理学療法士の一番の目的は、身体機能が低下した患者さんを、リハビリテーションを通して回復に導き、その方の社会復帰の実現を果たすことです。そのために、コミュニケーションや患者さんの心のケアなどを大事にして信頼関係を築き、だれからも信頼される理学療法士をめざしたいと考えています。

理学療法士として活躍中!

北川 大智さん

福岡山王病院
リハビリテーションセンター
理学療法士
北川 大智さん

患者さまとの心の距離を大切に、人の生活を豊かにするサポートをしたい
心大血管疾患を対象にした、心臓のリハビリテーションに現在携わっています。患者さまの体力回復や社会生活の復帰だけでなく、再発防止もめざすリハビリテーションです。患者さま一人ひとりの生活に寄り添った、適切な理学療法を提供できるよう他職種の方々と連携しながら、効果的なリハビリプログラムの提案に努めています。理学療法士は、患者さまの体に直接触れる機会の多い仕事です。そのため、心の距離を縮めるコミュニケーションが大切だと思います。リハビリを通して悩みが解消されていくと、はじめはネガティブな発言が多かった患者さまでも、笑顔やポジティブな発言が増えてきます。その笑顔を最も近くで引き出すことができるのが、理学療法士の魅力です。長期間のリハビリを乗り越えて退院された患者さまと偶然お会いし、笑顔で声をかけていただいたとき、理学療法士になってよかったと感じます。日本は超高齢社会を迎えます。地域で協力し合いながら健康を維持していくことが求められる社会において、理学療法士はますます重要になっていきます。今後は、病院内にとどまらず、もっと多くの方の生活を豊かにする手助けができるようになりたいと考えているので、最新の情報を積極的に取り入れ、多職種の視点を持ちながらステップアップにつなげていきます。

理学療法士の仕事紹介

どんな仕事?

基本的動作能力の回復を図る
けがや病気などで身体機能に障害を持つ人に対して、基本的動作能力(起きる・座る・立つ・歩くなど)の回復を図ります。障害や後遺症がある「部位」に注目して、①運動療法(治療体操など) ②物理療法(熱・水・光・電気)③日常生活動作訓練を実施するほか、義足・装具の活用や生活環境の改善を行います。

仕事の展開と将来の展望

スポーツ分野や障害の予防でも活躍
理学療法の対象は、障害を持つ人ばかりでなく、入院で体力が低下した人、高齢者など今後障害が出ると予想される人、日常的に身体を酷使するスポーツ選手など幅広く、近年は、障害の予防にも取り組むようになっています。さらに、呼吸循環器系の病気や糖尿病などが原因の歩行困難や持久力低下が増えており、理学療法士も高度な医療知識を持つことが望まれています。

どこで働く?

医療福祉からスポーツまで。ニーズはますます高まっています
医療機関(病院・診療所)、リハビリテーションセンター、老人保健施設、福祉施設、スポーツ関連施設、行政機関、研究機関、など
keyboard_arrow_up