学科紹介

理学療法学科

幅広い視野を持ち、主体的に考えて行動し、最先端で活躍できる理学療法士を養成

本学科は、1学年の定員40名の少人数教育を特徴とし、アジアの玄関口の立地を生かし、我が国のみならず国際的な医療・保健・福祉の動向を的確に捉え、幅広い社会のニーズに高水準で応え得る知識と技術を有する理学療法士を養成することを目的としています。その目的を達成するために、経験豊富な教授陣と特徴のあるカリキュラム、最新の教育機器を揃え、他に類をみない教育体制を準備しました。隣接する福岡山王病院をはじめとする豊富な関連施設および連携を密にする外部施設で実施する臨床実習では、臨床で即戦力となる理学療法士を養成するための充実した実習環境を整えました。これらの環境の中で、それぞれの目標を持って、目指す理学療法士像を追求できると考えます。4年間の大学生活の中で、幅広い知識、専門的な技術とともに皆に愛される人間性と社会性を身につけてください。臨床で活躍できる理学療法士、グローバルな視点を持ち海外で活躍できる理学療法士、研究教育分野で今後の理学療法の進歩を支える理学療法士、あなたが目指す理学療法士像を目標を同じくしてバックアップします。

理学療法学科長予定者

理学療法学科長予定者
ひいらぎ 幸伸 教授

学科概要

定員

40名

取得可能な資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 福祉住環境コーディネーター
  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • 障がい者スポーツ指導員(初級)

など

理学療法士の活躍場

  • 医療機関(病院・診療所)
  • リハビリテーションセンター
  • 老人保健施設
  • 福祉施設
  • 行政機関
  • 研究機関
  • 教育機関
  • 医療福祉関連企業

など

育成する人材

理学療法士は、病気や怪我により身体運動や生活に問題を持つ人々に対して、運動療法や物理的刺激(水、熱、光、電気、機械的な力など)による物理療法、義肢・装具を用いた装具療法、生活の改善などを行い、日常生活やスポーツ競技への復帰を支援します。
チーム医療が重要なリハビリテーションの一員として、人間性豊かで幅広くバランスの取れた人格生成を図り、臨床でリーダーとなり得る人材を養成します。また、充実した語学教育と海外保健福祉教育、必修の海外研修を通じて、国際的に活躍できる人材を養成します。日々進化する理学療法の技術・知識に対応すべく、基礎研究、応用研究を充実させ、将来の理学療法の礎を担う人材を育成します。

理学療法士の声

猪膝 拓志さん

福岡山王病院
リハビリテーションセンター
理学療法士
猪膝 拓志さん

理学療法は身体の治療を通して対象者の生活の改善を図る責任ある仕事です。そのためには幅広い知識と技術が必要であり、机上では学べないことも沢山あります。病院や施設における臨床実習では、学内の講義で学んだことを復習しつつ、現場の理学療法士の高度な知識や技術を実践的に学びます。医学の知識や技術は日進月歩であるため、卒業後も常に自己研鑽が必要であり、時には不安や葛藤を抱くこともあります。しかし、努力して身に付けた知識や技術は必ず対象者の笑顔につながるため、やり甲斐のある仕事です。

理学療法士の仕事紹介

どんな仕事?

基本的動作能力の回復を図る。
けがや病気などで身体機能に障害を持つ人に対して、基本的動作能力(起きる・座る・立つ・歩くなど)の回復を図ります。障害や後遺症がある「部位」に注目して、①運動療法(治療体操など) ②物理療法(熱・水・光・電気)③日常生活動作訓練を実施するほか、義足・装具の活用や生活環境の改善を行います。

仕事の展開と将来の展望

スポーツ分野や障害の予防でも活躍。
理学療法の対象は、障害を持つ人ばかりでなく、入院で体力が低下した人、高齢者など今後障害が出ると予想される人、日常的に身体を酷使するスポーツ選手など幅広く、近年は、障害の予防にも取り組むようになっています。さらに、呼吸循環器系の病気や糖尿病などが原因の歩行困難や持久力低下が増えており、理学療法士も高度な医療知識を持つことが望まれています。

どこで働く?

医療福祉からスポーツまで。ニーズはますます高まっています。
医療機関(病院・診療所)、リハビリテーションセンター、老人保健施設、福祉施設、スポーツ関連施設、行政機関、研究機関、など
keyboard_arrow_up