学科紹介

言語聴覚専攻科

言語、聴覚、摂食嚥下をサポートできるプロになる

生きることに価値をもたらす、話すこと、聴くこと、解ること、食べることに携わることができるのが言語聴覚士です。対象も乳幼児から高齢者まで様々です。医療や福祉関係機関、学校や保育園、放課後デイ施設など多様な場で活躍が期待されます。気持ちを伝えたり食事が取れるようになったりすることは何よりの喜びです。言語聴覚士は、間違いなくやりがいのある仕事です。多くの方に仲間になっていただきたいと願っています。

言語聴覚専攻科長予定者

言語聴覚専攻科長予定者
平島 ユイ子 教授

学科概要

定員

40名

  • 2年制/昼間部
  • 出願資格/4年生大学を卒業または卒業見込みの方 (学部・専門分野は不問)

取得可能な資格

  • 言語聴覚士国家試験受験資格

言語聴覚士の活躍場

  • 医療機関(病院、診療所)
  • リハビリテーションセンター
  • 介護老人保健施設
  • デイケアセンター
  • 福祉施設
  • 教育機関
  • 保健センター
  • 行政機関
  • 研究機関
  • 医療福祉関連企業(補聴器・人工内耳関連会社)

など

育成する人材

言語聴覚士は、言語、聴覚、嚥下に困難がある方を対象に、それらの獲得や回復をサポートします。医学的な最新の知識や技能をもとに言語聴覚療法を実践し、それを科学的に評価し、自己の技能を高めることができる人材を育てます。

言語聴覚士の声

中野 萌さん

高木病院
リハビリテーション部
言語聴覚士
中野 萌さん

家族が言語聴覚士によるリハビリテーションを受け、リハビリテーションのみでなく家族の心のケアまでしてもらいました。私もそのような言語聴覚士になりたいと思いました。今は言語聴覚士として脳血管障害、嚥下障害のある成人、発達障害のある小児に対するリハビリテーションを行っています。同じ病気であっても患者さん一人ひとり症状が違うので訓練内容を考えるのは大変です。しかし改善していく患者さんの笑顔を見ると私もがんばろうと元気をもらえ、やり甲斐を持って仕事をしています。
言語聴覚士となって実際の現場に出た今、学生時代に先生方が講義の中で話していた臨床現場での経験談が訓練内容を考える時などに役立っています。卒業2年目で経験、知識ともに浅く、臨床経験はまだまだ足りないですが、患者さんの気持ちを考えながら仕事をし、信頼される言語聴覚士に
なることが私の目標です。

言語聴覚士の仕事紹介

どんな仕事?

人間の尊厳、「ことば」の回復を図る。
①ことば、②聞こえ、③声や発声、④食べる(噛む・飲み込む)の障害は、生まれつきのものから病気やけがによるものまで原因はさまざまです。対象は小児から高齢者まで幅広く、脳卒中による高次脳機能障害では、失語症など言語機能の回復のみならず認知症など、その人の生き方や尊厳を守るためのリハビリテーションの有効性も認められています。

仕事の展開と将来の展望

高齢社会でニーズが高まる専門職。
言語聴覚士は、日本では1997年に法制化された国家資格です。超高齢社会となり、老齢期の脳卒中などの後遺症による失語症や嚥下(えんげ)障害、認知症が増えており、言語聴覚療法を必要とする人は全国で650万人以上と言われる中、有資格者は現在31,000人です。今後、社会的ニーズが高まり、医療のみならず、教育や福祉の分野にも活動の場が広がることが予想されています。

どこで働く?

医療福祉分野のほか、教育、企業、さらに、ボイストレーナーにも。
医療機関(病院・クリニック)、リハビリテーションセンター、介護保健施設、保健所・保健センター、福祉施設、教育機関(特別支援学校、ことばの教室)、補聴器・福祉機器メーカー、NPO法人、ボイストレーナーなど
keyboard_arrow_up