学科紹介

カリキュラム

言語聴覚専攻科 2年間の学修の流れ 言語聴覚専攻科カリキュラム

実践を科学的に評価し研鑽できる人材の育成

言語、聴覚、嚥下に関することばかりでなく、認知症や発達障害に対する言語聴覚療法についても、医学的知見に基づいた幅広い知識が求められています。

特色のある授業

リハビリテーション概論演習

医療職に必要な基礎的な技能(車椅子の操作、バイタルチェック等)を学び、現場で行うことの多い嚥下体操や口腔ケアについても体験します。また実際に障害のある方を対象に訓練やレクリエーションを考案し実施します。

成人言語障害学演習

失語症や認知症、摂食嚥下障害を抱えた症例に対する訓練や指導を自分たちで考え、報告する。学習した評価方法を基に問題を探索し、指導方法を考え、訓練や指導の効果を検証できる力を育てます。

聴覚障害学Ⅲ

難聴体験や手話実技演習を通して、手話を含むコミュニケーション方法や支援のあり方、補聴器や人工内耳の効果や限界を学びます。視覚聴覚二重障害についても学修し、手話を用いる難聴の方とのコミュニケーションを体験します。

小児聴覚障害学Ⅱ(応用)

通常の言語発達を基に聴覚障害児の言語力を評価し、発達段階に応じた聴覚検査を用いて補聴器や人工内耳の装用状況を把握し、言語コミュニケーション能力を育てるための訓練プログラムを立案します。聴覚以外の発達障害や知的障害を合わせ持つ場合の対応についても学修します。

1週間の時間割例

1時限
9:00〜10:30
生理学 高次脳
機能障害学
音声学
2時限
10:40〜12:10
言語聴覚障害学
演習Ⅱ
学習・認知心理学 耳鼻咽喉科学 聴覚障害学Ⅲ
3時限
13:00〜14:30
言語発達障害学Ⅱ リハビリテーション
概論
言語聴覚障害学
演習I
4時限
14:40〜16:10
小児臨床指導
5時限
16:20〜17:50
小児科学 小児科学

言語聴覚専攻科のPOINT

子どもにとってのことばは、経験が土台になります。そのため、おもちゃや遊びなどの子どもの生活をことばと結び付けていきます。子どもと楽しく遊ぶ中で、子どもが表現したいことを分かろうとすることが言語聴覚士には求められます。
聴覚障害があるとことばでのやり取りは難しくなります。聴力検査をして、どれくらい聴こえているのかを調べます。その聴力に応じて補聴器を調整や話し方を工夫します。加齢による難聴も補聴器の適合によって生き生きと会話ができるよう言語聴覚士が支援します。

keyboard_arrow_up