お知らせ

2023年4月 医療学部に言語聴覚学科開設予定(設置届出書類提出中)

2022.04.21

トピックス

福岡市内ではじめての言語聴覚士養成大学が誕生します

国際的な視野を持った次世代のリーダーとなり得る医療専門職を養成する福岡国際医療福祉大学に、2023年4月、言語聴覚学科(設置届出書類提出中)※が開設される予定です。これまでに培ってきた医療・福祉の技術力、姉妹校・国際医療福祉大学の教育ノウハウ、そして整った学修環境(学内設備、グループ関連医療福祉施設との連携等)を通じて、幅広く活躍できる言語聴覚士を養成します。

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、人間にとって重要な「話す」「聞く」「読む」「書く」「食べる」機能に障害を持つ人へ評価や訓練、指導などを行う医療専門職です。対象は乳児から高齢者まで幅広く、障害の種類や程度もさまざまです。

福岡国際医療福祉大学で学べること

言語聴覚士はたくさんの知識や技術、コミュニケーション能力が求められます。そのため1年次の関連施設における言語療法場面の見学、2年次の保育園や高齢者施設でのコミュニケーション体験、3・4年次の病院や施設での臨床実習を通してこれらを修得していきます。数人の学生グループに専任教員を配置したアドバイザー制で、きめ細かな指導を行うフォロー体制も整備しています。


【要 お申し込み】6月より言語聴覚学科(設置届出書類提出中)パンフレット送付予定

言語聴覚学科(設置届出書類提出中)に関する詳細は近日、本WEBサイト、パンフレット等にて公開します。また、6月より言語聴覚学科(設置届出書類提出中)のパンフレットを、既に資料請求を頂いていた皆様にお届け予定です。ご興味がある方は、下記URLより資料請求をお願いいたします。

資料請求フォーム
https://fiuhw.takagigakuen.ac.jp/request_form/


※言語聴覚学科に関する掲載内容は予定であり、審査の過程で今後変更となる可能性があります。

keyboard_arrow_up