教員紹介

教授

岡 素雅子

オカ スガコ
  • 医療学部
  • 診療放射線学科
略歴 内科臨床勤務の後、九州大学 生体防御医学研究所にて学位取得後、特任助教として基礎研究に従事。福岡歯科大学先端科学研究センターの助教、客員准教授を経て、H31年より米国カンザス大学メディカルセンターの客員研究員。R4年より九州大学医学研究院 基礎放射線医学分野および大阪大学 核物理学研究所所属。
最終学歴 香川大学医学部(旧香川医科大学)(H4)
九州大学大学院 医学系研究科 臓器機能医学専攻博士課程 (H19)
学位 博士(医学) 九州大学
所属学会 米国科学研究名誉協会 (Sigma Xi):招待会員 (R6)
日本分子生物学会
日本環境変異学会
日本癌学会
日本放射線影響学会
専門分野 分子生物学、内科学
研究テーマ 環境ストレスによるゲノム酸化障害が引き起こす病態(発がん、アルツハイマー病)のメカニズム、ヒトiPS細胞を用いた分化におけるミトコンドリアの役割
主な教育研究業績

【原著】


・Two distinct pathways of cell death triggered by oxidative damage to nuclear and mitochondrial DNAs. / S Oka, M.Ohno, D Tsuchimoto,K Sakumi,M Furuichi,Y Nakabeppu (EMBO J 7,421-432,2008)


・DNA Polymerases as Potential Therapeutic Targets for Cancers Deficient in the DNA Mismatch Repair Proteins MSH2 or MLH1. /SA Martin,N McCabe,M Mullarkey,R Cummins,DJ Burgess,Y Nakabeppu,S Oka, E Kay,CJ Lord, A Ashworth (Cancer Cell 7, 235-245,2010)


・MUTYH, an adenine DNA glycosylase, mediates p53 tumor suppression via PARP-dependent cell death./ S Oka, J Leon,D Tsuchimoto,K Sakumi,Y Nakabeppu(Oncogenesis 3,e121;doi:10.1038/oncsis,2014)


・MTH1 and OGG1 maintain a low level of 8-oxoguanine in Alzheimer’s brain,and prevent the progression of Alzheimer’s pathogenesis./ S Oka,J Leon,K Sakumi,N Abolhassani,Z Sheng,D Tsuchimoto, FM. LaFerla,Y Nakabeppu (Sci.Rep.11(1): 5819.doi: 10.1038/s41598-021-84640-9,2021)


・Endogenous ROS production in early differentiation state suppresses endoderm differentiation via transient FOXC1 expression./ S Oka, T Tsuzuki,  M Hidaka, M Ohno, Y Nakatsu, M Sekiguchi (Cell Death Discovery 8:150;https://doi.org/10.1038/s41420-022-00961-2,2023)


 


【著書】


・核およびミトコンドリアDNAの酸化損傷によって引き起こされる2つの独立した細胞死の経路 実験医学 (26巻9号,1376-1379,2008)


・Construction and characterization of a cell line deficient in repair of mitochondrial, but not nuclear, oxidative DNA damage. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) (554 251-264,2009)


keyboard_arrow_up