教員紹介

教授

尾籠 晃司

オゴモリ コウジ
  • 医療学部
  • 作業療法学科
略歴 九州大学病院精神科神経科 助手
福岡大学病院精神神経科 講師
福岡大学医学部精神医学教室 准教授
最終学歴 九州大学医学部 卒業
九州大学大学院医学研究科博士課程 修了
学位 博士(医学)九州大学(医学博士)
所属学会 日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会評議員・専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、九州精神神経学会評議員、日本核医学会、日本神経病理学会
専門分野 精神医学、老年精神医学
研究テーマ 認知症の画像診断に関する研究
主な教育研究業績

【著書】

内科医のための認知症診療はじめの一歩(共著)羊土社 2014年、

精神科薬物療法こんなときどうするべきか(共著)医学書院 2015年

外来精神科診療シリーズPartⅡ(共著)中山書店 2015年 ナースに知ってほしい100の病気 メディカルレビュー社 2009年 脳とこころのプライマリケア 第1巻 うつと不安Ⅷ章(共著) 2010年 シナジー 研修医のための精神科臨床の実際(共著) 新興医学出版社 2009年  臨床精神医学講座 器質性人格障害(共著)中山書店 1997年  


【論文】

Discordance in the anatomical locations between morphological and perfusion changes occurring with the progression of Alzheimer’s disease Ann Nucl Med (2013) 27:371-377


β-protein amyloid is widely distributed in the central nervous system of patients with Alzheimer’s disease Am. J. Pathol. (1989, 134: 243-251)


Aging and cerebral amyloid; early detection of amyloid in the human brain using biochemical extraction and immunostain J. Gerontol. (1988, 43: B157-B162)


痴呆患者における介護者同席面接による個人回想法の試み 臨床精神医学 33(4)445-452, 2004 


前頭側頭型認知症FTD(bvFTD)の新たな国際診断基準と問題点 Dementia Japan 29(2):131-138, 2015 


【その他】

プライマリ・ケアでできる認知症の診断と治療 Schneller 105, 10-16, 2018年

日専門医のための認知症診療 きんむ医 2018年


keyboard_arrow_up