教員紹介

教授

田川 辰也

タガワ タツヤ
  • 医療学部
  • 理学療法学科
略歴 九州大学病院 研修医
日本学術振興会 特別研究員
オーストラリアシドニー大学生理学部リサーチアシスタント
北九州市立医療センター循環器内科 部長
琉球大学医学部臨床薬理学 助教授
西南女学院大学保健福祉学部栄養学科 教授
最終学歴 九州大学医学部医学科 卒業
学位 博士(医学)九州大学
所属学会 日本内科学会・総合内科専門医・認定内科医、日本循環器学会・循環器専門医、日本高血圧学会・評議員・高血圧専門医、日本栄養改善学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本医師会認定健康スポーツ医・日本医師会認定産業医
専門分野 内科学、循環器内科学、臨床栄養学
研究テーマ 生活習慣病の動脈硬化予防に関する研究
栄養学的介入による血管内皮機能改善に関する研究
主な教育研究業績

【著書】

「臨床医のための循環器自律神経機能検査法」今泉 勉編集、メディカルレビュー社、1997

「心不全に挑む・患者を救う(新・心臓病診療プラクティス6)」筒井裕之編集。文光堂、2005

「人体の構造と機能および疾病の成り立ち/疾病の成因・病態・診断・治療」竹中 優編集、医歯薬出版、2005


【論文】

Tagawa T, et al: Vasodilatory effect of arginine vasopressin is mediated by nitric oxide in human forearm vessels. J Clin Invest. 92(3): 1483-1490, 1993.

Tagawa T, et al: Nitric oxide influences neuronal activity in the nucleus tractus solitarius of rat brainstem slices. Circ Res. 75(1): 70-76, 1994.

Tagawa T, et al: Role of nitric oxide in reactive hyperemia in human forearm vessels. Circulation. 90(4): 2285-2290, 1994.

Tagawa T, et al: V2 receptor-mediated vasodilation in healthy humans. J Cardiovasc Pharmacol. 25(3): 387-392, 1995.

Tagawa T, et al: Role of nitric oxide in substance P-induced vasodilation differs between the coronary and forearm circulation in humans. J Cardiovasc Pharmacol. 29(4): 546-553, 1997.

Tagawa T, et al: AT1 receptors mediate excitatory inputs to RVLM pressor neurons from hypothalamus. Hypertension. 34(6): 1301-1307, 1999.

Tagawa T, et al: Long-term treatment with eicosapentaenoic acid improves exercise-induced vasodilation in patients with coronary artery disease. Hypertens Res. 25(6): 823-829, 2002.

Tagawa T, et al:Long-term treatment with probucol improves endothelial function in patients with coronary artery disease. Hypertens Res. 27(5): 311-318, 2004.

田川辰也、他:アルギニンの経口投与によるヒト血管内皮機能の改善効果に関する研究.『西南女学院大学紀要』14: 69-75, 2010.

田川辰也、他:茶カテキンの経口投与によるヒト血管内皮機能の改善効果に関する研究.『西南女学院大学紀要』18: 123-128, 2014.

田川辰也、他:アルギニンによる血管拡張機能増強効果に対する抗酸化ビタミンの影響に関する研究.『西南女学院大学紀要』21: 125-134, 2017.




【Research map】

https://researchmap.jp/tatsutgw


keyboard_arrow_up