大学の特長

大学の特長(6つの魅力)

1. 知識と経験豊富な教授陣

  • 各分野のトップクラスの教授陣、国内外の第一線で活躍する教員たちが直接指導
副学長 丸山 仁司

副学長
丸山 仁司

医学博士。国際医療福祉大学大学院副大学院長
アジアリハビリテーション科学学会会長、第10回アジア理学療法学会会長
元日本理学療法士協会副会長、理学療法科学学会会長

詳しくはこちら

2. 充実のグループ施設と最新設備

  • 隣接する福岡山王病院など充実のグループ関連施設と連携
  • 学内およびグループ施設には最新の医療機器を整備

福岡山王病院(福岡県福岡市早良区・本大学に隣接)



福岡国際医療福祉大学に隣接する福岡山王病院は、本学および複合福祉施設「総合ケアセンターももち」と一体となった、教育・医療福祉の複合拠点です。高度な医療を提供する先進的な病院として世界に目を向けた病院づくりを目指しており、各国から患者様が訪れています。九州では数少ない音声・嚥下センターや、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのメディカルスタッフが屋内外フロア面積1400㎡の充実した施設のもと身体機能の維持・回復をサポートするリハビリテーションセンターを有し、最高の実習環境として本学の教育・研究をバックアップします。

高木病院(福岡県大川市)

グループ発祥の地として100年以上の歴史を持ち、急性期の中核病院として、地域医療に貢献しています。

柳川リハビリテーション病院(福岡県柳川市)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が約100名。西日本屈指の規模を誇るリハビリテーション専門病院です。

柳川療育センター(福岡県柳川市)

日本有数の重症心身障害児・者施設です。調査、研究を行う国際医療福祉大学 神経発達症研究センターも併設。

詳しくはこちら

3. 関連職種連携教育

  • 本学の教育目標「チーム医療・チームケア」を学ぶ本学独自のカリキュラム

詳しくはこちら

4. 万全の国家試験対策と就職サポート体制

  • トップクラスの実績を誇る姉妹校 国際医療福祉大学との連携による万全の国家試験対策・就職支援

詳しくはこちら

5. 海外研修プログラム

  • 8つに国と地域におよぶ学術交流協定の締結先で(大学や病院・施設)で約2週間の海外研修を実施(全員参加)

全学生を対象に、これらの国や地域において約2週間の海外研修を実施します。現地の学生との交流を通じて外国語でのコミュニケーション能力に磨きをかけ、異文化や海外の医療福祉を体験することで、国際的な視野を持った医療プロフェッショナルの養成を目指します。


詳しくはこちら

6. 少人数制によるきめ細かい指導と充実した語学教育

  • 担任制や、学科・学年を超えたアドバイザー制による、きめ細かい指導、国際的なコミュニケーション能力を高める、少人数クラス編成による、充実した語学教育

詳しくはこちら

keyboard_arrow_up